20世紀少年の漫画

20世紀少年ナビ > 20世紀少年の漫画

浦沢直樹のSFサスペンス漫画 20世紀少年
累計発行部数2000万冊以上のメガヒット漫画





漫画「20世紀少年」とは?

20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD]

累計発行部数2000万冊以上のメガヒット漫画「20世紀少年」。
3部作で実写映画化された、第1章が公開となり、人気が再燃しています。


作者の浦沢直樹は、他にも「YAWARA!」「MONSTER」「PLUTO」などの大人気作品を世に送り続け、手塚治虫文化賞マンガ大賞、日本漫画家協会賞大賞、文化庁メディア芸術祭優秀賞など、受賞も多数あります。


「20世紀少年」は浦沢氏の子ども時代の出来事が色濃く反映され、主人公のケンヂが中学時代に校内放送でT.REXの「20th Century Boy」をかけたエピソードなどは、自身の実体験に基づいています。
ストーリーは――


1960年代後半〜1970年代前半の高度経済成長期まっただ中、少年ケンヂとその仲間は空想を膨らませ「よげんの書」を書き上げます。そこに記されていたのは、悪の組織や人類滅亡、細菌兵器やレーザー銃、巨大ロボットなど。


それから30年近く時が流れた1997年、“ともだち”と名乗る人物が中心となる謎の宗教団体の手によって、
「よげんの書」どおりの不可解な事件が次々と勃発し、ケンヂは“ともだち”の正体をつきとめようと動き出します。


>> 20世紀少年をAmazon.co.jpでさがす



漫画「20世紀少年」のネタバレ、“ともだち”の正体は?

20世紀少年

漫画「20世紀少年」の前半で出てくる“ともだち”は、ケンヂの同級生・フクベエだと明かされますが、
フクベエの死後、再び現れた“ともだち”の正体は最終巻の22巻になっても明らかにされません。


この答えが出るのは、「20世紀少年」の続編として書かれた「21世紀少年」全2巻です。
細菌兵器を搭載した円盤を撃墜、二代目の“ともだち”が死に、危機は終わったと思った矢先、まだ反陽子爆弾がどこかに隠されていることを知ったケンヂは、その場所を探しにヴァーチャルリアリティの少年時代の世界へ向かいます。


そこでケンヂの口から、二代目“ともだち”はカツマタ君だと明かされます。
この最終章に取り組んでいるときに収録されたドキュメンタリーで、作者の浦沢氏は、自分が目指すものと読者から求められるものの板ばさみ状態になりながら、読者の期待にどう応えるか苦悩していました。


賛否両論が飛び交うこの結末、あなたは浦沢氏の出した答えをどう受け止めますか?


>> 20世紀少年を楽天でさがす



漫画「20世紀少年」カツマタ君の謎

二代目“ともだち”とされたカツマタ君ですが、どんなキャラクターだか記憶に残っていない読者も多かったのではないでしょうか? 理科の実験が大好きで、フナの解剖実験を楽しみにしていたにもかかわらず、その前日に突然死んでしまい、夜な夜な理科室に化けて出てはフナを解剖している――


ケンヂや仲間たちに、そう語られるようになる少年こそカツマタ君です。
カツマタ君は、かつてケンヂがした駄菓子屋での万引きの濡れ衣を着せられ、みんなのさらし者になってしまいます。そのことでのケンヂへの恨みは、どんどん肥大し、ついには人類滅亡計画へと暴走していきます。


どうしてカツマタ君が死んだとみんなに記憶されたかは謎。
駄菓子屋の事件に居合わせたフクベエからは「お前は今日で死にました」と言われていますが、この事件のあと、カツマタ君は、みんなに死んだと思われてしまうような、辛く暗い少年時代を送ったのでしょうか?


>> 20世紀少年を全巻大人買いしたいときはコチラが便利です



えっ!? 幻のあの娘まで!! ⇒ グラビア写真見放題!