20世紀少年のマーク

20世紀少年ナビ > 20世紀少年のマーク

浦沢直樹のSFサスペンス漫画 20世紀少年
少年サンデーのノンブルに振られている指!?





20世紀少年の奇妙なマーク

20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD]

20世紀少年の主人公、ケンヂが子どもの頃、仲間と秘密基地に集まり遊んでいました。
その仲間のしるしとして、使っていたマークが、事件現場に刻まれていたことから、20世紀少年のストーリーは始ります。


この、友達のシンボルマークは、ケンヂが子どもの頃、秘密基地でよげんの書を一緒に作ったメンバーである、オッチョが考案しました。しかし、このオッチョとは、中学受験をきっかけにして、ケンヂたちとは段々と付き合わなくなってきます。


20世紀少年の中で起こる事件には、必ずこのマークが関係しており、最初眼にした時は、ケンヂも気が付かなかったが、そのマークを思い出し、よげんの書の結末どおりにならないように、ケンヂたちが立ち上がります。


>> 20世紀少年をAmazon.co.jpでさがす



ともだちマークの考案者オッチョとは

20世紀少年

20世紀少年の事件と深い関係がある、ともだちマークは、ケンヂが子どもの頃、一緒に遊んでいた、仲間のオッチョが考案しました。このマークは、ともだちのシンボルマークだったのです。


ともだちマークを考案した、オッチョは、成績優秀で、ケンヂと同様にリーダー的な存在でした。
しかし、中学受験をきっかけにして、ケンヂたちとは距離を置くようになりました。一流企業に入社し、順調に生活をしていましたが、息子が事故死をして絶望し、東南アジアに渡り、行方不明になります。


それ以降、バンコクでショーグンと呼ばれ人助けをしていましたが、ケンヂの呼びかけで帰国します。
それから、ケンヂたちと、ともだちを倒すために戦います。オッチョは、インドにいた時代に、修行僧の下で、酒豪をおこなっており、麻薬などの幻覚作用には耐性があります。


>> 20世紀少年を楽天でさがす



20世紀少年のともだちマークの噂

20世紀少年のともだちマークは、そのストーリー展開には欠かせないマークです。
このマーク、とても奇妙なロゴマークですが、少年サンデーのノンブルに振られている指であったとも言われています。


20世紀少年では、このケンヂたちの子どもの頃作った、ともだちのシンボルマークが、急激に信者を増やしているカルト教団のシンボルマークとなっているという噂を耳にします。ケンヂは、その頃の仲間の誰かが、そのカルト教団に関わっているのではという噂を聞き、少しずつ調べ始めるのです。


ケンヂは、そのカルト教団の教祖が、ともだちと名乗り、世界制服をたくらんでいることを知り、また、その世界制服は、ケンヂたちが子どもの頃に、仲間と書いたよげんの書の通りに実行されていることに気が付き、カルト教団のマークを、自分たち仲間のシンボルマークとして取り戻そうと立ち上がります。


20世紀少年は、このともだちのシンボルマークが、重要なポイントとなります。


>> 20世紀少年を全巻大人買いしたいときはコチラが便利です



えっ!? 幻のあの娘まで!! ⇒ グラビア写真見放題!