20世紀少年のストーリー

20世紀少年ナビ > 20世紀少年のストーリー

浦沢直樹のSFサスペンス漫画 20世紀少年
よげんの書と謎のカルト教団





20世紀少年のストーリー

20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD]

20世紀少年は、1999年から2006年まで、週刊ビックコミックスピリッツに連載されたSFサスペンス漫画です。
作者は浦沢直樹で、この漫画は、連載当初よりとても人気が高かったのですが、数々の賞を受賞していることでも知られています。


20世紀少年のストーリーは、高度成長期の真っ只中の、1970年代日本から始ります。
その当時、小学生だった、ケンヂたちが、仲間たちと作った秘密基地で、未来を予想し、よげんの書を書きます。


時代は流れ、1997年、大人になったケンヂたちの時代に、ともだちというカルト教団が、よげんの書に書かれていることと同じ事件を次々と起こしていきます。ケンヂと仲間たちは、よげんの書の最後に書かれている、人類滅亡を阻止するために、立ち上がります。


>> 20世紀少年をAmazon.co.jpでさがす



「よげんの書」どおりに起こる事件と謎のカルト教団

20世紀少年

20世紀少年のストーリは、主人公ケンヂが、幼い頃に書いた「よげんの書」と同じ事件が次々と起こっていることに気づくことから始ります。20世紀少年の主人公ケンヂは、友人ドンキーの死の真相と、友達の遺言を聞かされ、カルト教団のリーダーともだちの計画を阻止すべく、昔の仲間を集めます。


主人公ケンヂは、正義感溢れてキャラクターですが、ともだちによって、悪のテロリストの汚名を着せられ、世紀の大悪人とされます。しかし、ともだちとの決着をつけるために、東京に舞い戻ってきます。映画20世紀少年では、主人公ケンヂは、唐沢敏明さんが演じています。


20世紀少年の第二の主人公は、カンナで、この少女は、キリコとフクベエの子ども、ケンヂの姪になります。
その他に、20世紀少年の登場人物には、オッチョ・ユキジ・ヨシツネなど、とてもキャラクターの強い登場人物がたくさん登場します。


>> 20世紀少年を楽天でさがす



20世紀少年ストーリを理解するには

20世紀少年は、とても人気が高い漫画ですが、そのストーリは少し複雑です。
20世紀少年は、コミックとしては、全22巻あります。また、20世紀少年は、全3部割くとして製作されています。


しかし、20世紀少年のストーリーは、登場人物がとても多く、また、登場人物が複雑に絡み合っているので、
理解するためには、登場人物などを少し把握しておかなければなりません。


登場人物は、ケンヂの仲間と、ともだち一味に大きく分けることができますが、それらもとても人数が多く、また、それ以外の登場人物もとても大勢います。20世紀少年のストーリは、1950年代から始まり、2010年代・ともだち歴まであります。


20世紀少年のストーリーをより理解するには、その登場人物の把握と、年代を知っておくと、
より深く、20世紀少年を楽しむことができます。


>> 20世紀少年を全巻大人買いしたいときはコチラが便利です



えっ!? 幻のあの娘まで!! ⇒ グラビア写真見放題!